最新ニュース

「商品需要予測」サービスとは・・・

世界の全産業の3分の1は「何らかの気象によるリスクを
抱えている」といわれています。

近年は極端な気象の度合いが増えつつありますが、気象予測の精度は
この15年で30%も向上しているのです。

日本気象協会は、高精度の気象予測データと、POSデータ(販売データ)などのビッグデータを、AIなどの最新技術を使い解析することで、未来に必要なモノの量を予測する「商品需要予測」サービスの提供を行っています。

※気象庁 HPより

詳しくはこちら

小売事業者様向け
商品需要予測サービス「売りドキ!予報」の一部データを公開中!

毎日更新!

「売りドキ!予報」のさまざまなデータの中から
「本日の売れ筋カテゴリ」の一部
ご覧いただけます。

本日の需要予測を見る

導入事例

提携企業

Intage
NEC
True Data
True Data