• 「売りドキ!予報」実証実験成果、オンライン決済の開始について

    日本気象協会 eco×ロジプロジェクトは、小売事業者向けの商品需要予測サービス「売りドキ!予報」を活用し、福岡市の小売店8社と共同で2020年9月より2021年1月まで実証実験※1を行いました。

    その結果、実験に参加した事業者のうち9割弱が実証実験期間内で「売り上げが増えた」と回答、約7割の事業者が廃棄ロスを「減らすことができた」と回答し、小売事業者での「売りドキ!予報」の活用による売り上げ増への貢献や廃棄ロス削減の成果を示すことができました。

    この成果を受けて、全国の中小規模小売店が「売りドキ!予報」を手軽に導入にできるよう、申込み方法が簡易でより安価に利用できる「売りドキ!予報」のサービス申し込みのオンライン決済を2021年4月23日(金)から開始します。食品スーパーをはじめとする、各種小売事業者の皆さまにとって、廃棄ロスの削減と生産性向上の輪を広げる一助となるサービスを目指します。

    ※福岡市事業系ごみ資源化技術実証研究等支援事業

    詳細情報はこちらから
    2021年4月23日 日本気象協会ニュースリリース
    https://www.jwa.or.jp/news/2021/04/13080/

    「売りドキ!予報」オンライン決済プラン 詳細 URL
    https://ecologi-jwa.jp/apply/