前年(2020年)とは対照的だった!今年(2021年)の7月~8月の天候総括|トレンド予報9月

気象庁のまとめ(2021年9月1日発表の報道資料)によると、今夏(6~8月)、北日本で気温がかなり高め、東日本で高め、西日本及び沖縄・奄美地方では平年並の結果となりました。これは3か月間のデータをならして見た評価ですが、3か月間同じような天候が続いたわけではありません。細かく見ると地域によって、時期によって天候が劇的に変化していました。
本稿では、特に7、8月の2か月間に絞って、その変化と昨年(2020年)の天候を対比させ、購買動向にどのような違いが見られたか検証していきます。

2021年と2020年の7月、8月の天候

7月、8月それぞれについて、2020年と2021年の天候を比較します。

●7月
2020年の7月は北海道と南西諸島を除き低温傾向でした。同様に降水量は多め、日照時間は少なめという結果でした。当時を振り返ると、全国的に梅雨が長引き、月の前半には熊本県をはじめとして西日本各地で記録的な大雨に見舞われ大きな被害が発生しました。また東海以北の地方では7月中の梅雨明け発表がありませんでした。

それに対し、2021年の7月は九州や四国、南西諸島の一部を除いて気温は平年並か高め、特に北日本では記録的な高温となりました。降水量は、梅雨明けが平年より早いところが多かった影響などあり、全体的には少なめでしたが、月の初めに東日本(静岡県や関東南部)中心に梅雨末期の大雨に見舞われ、それらの地域では多めとなりました。日照時間はほぼ全国的に平年より多めでした(図1参照)。


図1 2020年(左)と2021年(右)の7月の天候実績(上:気温、中:降水量、下:日照時間)


●8月
2020年の8月は、7月とは打って変わって猛暑が続き、気温は全国的に平年より高めでした。東京都心では8月としては観測史上最多の11回の猛暑日(最高気温35℃以上)を記録するほどでした。太平洋高気圧に覆われることが多く、台風接近も少なく、降水量は平年より少なめ、日照時間は平年より多めとなりました。

2021年の8月は上旬、7月に引き続き全般に猛暑傾向でした。しかし、台風9号が上陸、また台風10号が関東の南東海上をかすめて進んだ後の中旬は、日本付近に秋雨前線が停滞して活動活発化。強めの雨が降り続き、北海道を除く広い範囲で大雨となりました。その影響で気温は平年を大幅に下回り、また日照時間はかなり少なくなりました。下旬は多少残暑がぶり返したものの、月間での気温は平年並か、西日本ではやや低め。降水量は北海道を除いて多く、日照時間は北海道を除いて少なくなりました(図2参照)。


図2 2020年(左)と2021年(右)の8月の天候実績(上:気温、中:降水量、下:日照時間)

つまり、7~8月の気温傾向は、北海道など一部を除いて、2020年と2021年とではほぼ反対の傾向だったということができます。
表にまとめます。

表1 2020年と2021年の天候
※凡例 
+*:平年より平均気温がかなり高い、または降水量/日照時間がかなり多い +:同、平年より高いまたは多い
±:同、平年並
―:同、平年より低いまたは少ない
―*:同、平年よりかなり低いまたはかなり少ない

気温傾向が異なれば、流通小売における商品の購買動向にも、2020年と2021年とで違いが見られました。私の所属する株式会社True Data の購買ビッグデータから、代表的な商品について検証します。

購買動向が対照的だったカテゴリ① スポーツドリンク

気温が高ければ高いほど購入数が多くなる典型的なカテゴリであるスポーツドリンクで、7~8月の購買動向を振り返ります。


図3 スポーツドリンクの買物指数と最高気温(右は各年6~8月のデータ抜粋)
※抽出データ:全国エリアにおけるカテゴリ「スポーツドリンク」の週次の買物指数。抽出期間は2019年9月2日~2021年8月29日。
(出典:True Data 「ドルフィンアイ」/業態:スーパーマーケット)

スポーツドリンクは図3左のように、気温が高ければ高いほど買物指数が高く、特に高温度帯では気温上昇とともに買物指数が指数関数的に伸びていく特徴があります。ここで、買物指数とは来店者100万人における購入金額をさします。

2020年と2021年の買物指数の動きをみると、気温傾向にほぼ連動する形で買物指数も波動がみられます。7月は2021年のほうが気温が高かったため、全般にスポーツドリンクの買物指数も高め。最も差が開いた週は7月20日頃の週で、その差は約425万円でした。これは図3左に当てはめてみると、最高気温が約27℃の週、1週分の買物指数に匹敵するほどの違いです。一方8月は2020年のほうが20201年よりも気温が高い時期が多かったため、買物指数もほとんどの週で逆転しました。最も差が開いた週は8月17日頃の週で、その差は約424万円です。言い換えれば、気温傾向によっては売上が倍近く異なることになります。

購買動向が対照的だったカテゴリ② チョコレート

2つ目に紹介するカテゴリがチョコレートです。チョコレートはバレンタインデー前に突出した買物指数になりますが、その期間を除外したとき、図4のとおり気温が一定以上の高い水準となると購入数が伸び悩み、気温が低めのときに購入数が伸びる傾向があります。最高気温20℃以上の温度帯における、最高気温と買物指数の相関係数は約-0.88と極めて高いものとなっています。

さて、改めて2020年及び2021年の6~8月の買物指数と最高気温の推移を図4右で確認ください。低温傾向だった2020年7月と、ほぼ平年並だった2021年8月は買物指数が高めだったものの、高温傾向だった2020年8月と2021年7月は買物指数が低くなっています。両年の差が最も大きかったのが8月10日頃の週で、あいにくの雨続きだったにもかかわらず2021年のほうが2020年に比べて買物指数が約360万円多くなりました。


図4 チョコレートの買物指数と最高気温の推移(右は各年6~8月のデータ抜粋)
※抽出データ:全国エリアにおけるカテゴリ「チョコレート」の週次の買物指数。抽出期間は2019年9月2日~2021年8月29日。
(出典:True Data 「ドルフィンアイ」/業態:スーパーマーケット)

気温が高い時の方が売れる/気温が低い時の方が売れるなど、商品の購買動向と気温傾向の関係は、主だった商品であればほぼ理解されていることでしょう。今後はその関係をより定量的に捉えていくことがより重要となっていきます。それが成し遂げられれば、日配、惣菜など購買動向が読みづらい部門であっても自動発注の精度の向上につながることでしょう。

もちろんそのためには、気象予測の精度向上も重要な要素です。その部分は気象庁や民間の気象事業者が日々たゆまぬ努力を行っているところです。天気高精度の予報の内容から目先の気温傾向を読み取り、気温と購買動向について分析した結果を反映した発注仕入れを行うことで、MDの精度を高めていただきたいと思います。

10月の天候予測に基づくトレンド予報

最後に、この10月の天候予測に基づくトレンドを簡単に予想してみます。気温は全国的に平年並か高めの予想となっていて、そのとおり受け止めると、秋の深まりは遅れ気味ということになります。この時期の売れ筋を掴むときのキーワードから、本来需要が伸びそうな代表的商品を挙げてみます。


表2 気温が下がるこれからの時期に需要が高まる商品例

この表に掲げた商品は、例年よりやや売上が伸び悩むことを想定した対策が必要です。ポイントは、これらの商品に代わって何が買われるかを考えることです。売りドキ!予報で見たときも、上表に掲げた商品の売リドキ指数が高くなったとき(あるいは低くなったとき)、逆に動いた商品を見つけるとヒントが得られることでしょう。売りドキ!予報は、このようなノウハウの積み重ねにも一助となるツールです。

株式会社True Data 流通気象コンサルタント 常盤 勝美 氏
〈プロフィール〉
大学で地球科学を学び、民間の気象会社で約20年にわたりウェザーマーチャンダイジング関連サービスに従事。2018年6月、True Dataへ入社し、気象データマーケティングを推進。著書に『だからアイスは25℃を超えるとよく売れる』(商業界)など。気象予報士、健康気象アドバイザー、地球温暖化防止コミュニケーター。