日本気象協会が
選ばれる理由

気象のプロである日本気象協会が、お客様の気象情報活用をサポートします。

気象のプロによって開発された予測モデルを表すイラスト

気象のプロによって開発された予測モデル

気象の扱いを熟知し、長年に渡ってビッグデータを取り扱ってきたプロフェッショナルが予測モデルを開発することで、高い予測精度を実現。

柔軟なサポートを実現を表すイラスト

柔軟なサポート

気象予測や需要予測を提供するデータホルダーとしてだけでなく、お客様に寄り添った導入サポートなど細かなコンサルティングも実施できます。

最大6か月先までの長期予測

最大6か月先までの長期予測

短期の予報から長期の予報までお客様に合わせて提供します。

データのカスタマイズ

データのカスタマイズ

必要に合わせカスタマイズした気象データを開発・提供します。

活用ケース

来店客数予測モデルによる業務の効率化や、需要予測による食品ロスの削減などをサポートいたします。

  • 課題
    気象要因を反映した精度の高い来店客数予測を使って、
    発注量や製造量の最適化、業務の効率化をしたい。

    お客様が持つ店舗単位の来店客数と気象データをアナリストが解析し、高精度な来店客数モデルを構築します。開発した来店客数モデルに日本気象協会の持つ高精度な気象予測を使うことで、気象の変数を加味した高度な来店客数予測をご提供できます。

    来店客数予測×PI値(※)で、SKU単位の需要予測に変換いただき、日々の店舗での発注量や製造量の最適化にご活用いただけます。また、高度な来店客数予測をお持ちの発注システムに組み込んでいただくことで、発注業務の自動化などにもお役立ていただけます。

    • Purchase Index、レジ通過客1,000人あたりの購買指数のこと
  • 課題
    気象の影響を受けやすい商品の需要予測モデルを構築し、自動発注を実現して、業務を効率化したい。

    まずは商品の売上データと気象データで解析し、気象の影響が大きく、かつ売上規模が大きい商品をデータドリブンに選びだします。選び出した商品の中から、自動化する定番商品を設定し、商品ごとの需要予測モデルを構築し、日本気象協会の提供する高精度な気象予測を加味した需要予測をご提供します。

    高精度な商品ごとの需要予測を提供することにより、店舗ごとに発注していた商品を本部で一括発注にするなど、店舗の業務量の削減や適正な発注による商品の販売チャンスロスの削減や廃棄量の削減による利益率の向上などにご活用いただけます。

得られる効果

来店客数予測によるシフト・業務の最適化や、
需要予測による販売ロス・廃棄量の削減などの効果が期待できます。

01

業務効率化

02

販売機会ロスの削減

03

廃棄量の削減

04

シフトの最適化

05

店頭作りの最適化

06

自動化

初期のモデル構築不要
来店客数予測サービス

ソフトバンクと日本気象協会の協業事業サキミルは、大きな初期投資コストの負担なく、導入いただける来店客数予測サービスです。サキミルでは、気象予測だけでなく、ソフトバンクがもつ人流統計データ(※)も活用した高精度の予測を比較的安価な価格でご提供できます。店舗数の多い企業様だけでなく、店舗数の少ない食品小売・外食サービス企業様でも気軽にチャレンジしていただきやすいサービスです。詳細はお問い合わせください。

  • 人流統計データは、個人を特定されないよう匿名化および統計加工し、少人数のデータは秘匿処理した統計データです。

こんなお客様が、小売事業者様向け商品需要予測サービス
コンサルティング版を導入しています。

株式会社バローホールディングス様

スーパーマーケットを中核に、ホームセンター、ドラッグストア、スポーツクラブなど、多様な事業を展開。1286店舗(2021年12月31日現在)を有しています。

インタビューを読む
株式会社バローホールディングス様

お問い合わせ

小売事業者様向け商品需要予測サービス コンサルティング版に関する
お問い合わせはこちらから。